せいかのはぐくみ(食育)映画祭

語ろう。せいかの「未来の食卓」。結ぼう。みのり(農)とはぐくみ(食育)を。

あなたのご参加がチャリテイになります

コメントする

せいかのはぐくみ映画祭実行員会では、
食に関するイベントを通じ、
子どもたちや町の未来を語り合いたいと考えています。
イベント自体は、映画鑑賞、講演聴講、
フリーマーケットでのお買い物、みそ玉づくり、といった
参加者の皆様にとって、何か一つでも
楽しさや温かさを感じられるものになってくれることを願いつつ、
準備しております。

今回、京都府の地域振興プロジェクトとして認めていただき、
開催費用の多くをまかなっていただけています。
参加者の皆様も、安価で楽しんでいただけることを、嬉しく思います。
一方、私たちが楽しみながらも、何かお人のお役に立てる、
という取り組みができないか、
共催であるけいはんな記念公園さんと、話し合ってまいりました。

けいはんな記念公園さんは、
東日本大震災の復興支援を掲げておられることもあり、
京都府下で子どもたちの健康や医療への
援助を行っておられる団体様を検索いたしました。
その結果、昨年4月に設立されました、
子ども検診医療基金 関西様に出会うことができました。
http://kodomokenshin.com/index.html
同基金は、東北震災や、原発事故により、
関西に避難してきておられるご家族が、
健康被害について定期的な検診を受けられるようにと
設立されました。
発足まもない基金ではありますが、
震災を経験されたお子さんの
健全な成長を見守るため、
大切な活動をしておられます。
来る映画祭の会場に、
子ども検診医療基金関西さんのブースも出店くださいます。
こちらでも、避難中に作っておられる手作り品や、
同基金で作られたクリアファイルなども販売される予定です。
なお、けいはんな記念公園さんのご厚意により、
同団体様の出店料はいただいておりません。

今回の映画祭では、皆様から頂戴します映画鑑賞料は、
全額同基金に寄付させていただくことといたします。
みそ玉づくりワークショップや、
実行委員会が出店予定のカフェの収益の一部も、
寄付に加えさせていただきます。
つまり、皆様がこのイベントを楽しんでくださることで、
どなたかの支えになる、ということです。

当日、皆様の笑顔にお会いできることを、心待ちにしております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中