せいかのはぐくみ(食育)映画祭

語ろう。せいかの「未来の食卓」。結ぼう。みのり(農)とはぐくみ(食育)を。

映画「未来の食卓」について

今回上映予定の映画「未来の食卓」は、2008年に公開されたドキュメンタリー映画です。
(字幕で上映予定です。)

映画『未来の食卓』
舞台は、美しい自然に囲まれた、南フランスのバルジャック村。
子どもたちの未来を守るため、
「学校給食と高齢者の宅配食をオーガニックにする」という決断を、村長と村議会が下します。

価格の高いオーガニック給食を、村の財政でまかなえるのか?
ジャンクフードに慣れた子どもの反応は?

給食や学校菜園での野菜づくりを通して、自然の味を覚えた子どもたちに巻き込まれ、
小さな村が少しずつ変化していく1年間を追う映画です。

youtubeで予告編が見られます。

給食の調理員さんとの関わりや、登場する給食の美味しそうなこと。
映画『未来の食卓』

子どもたちが菜園で学ぶようすも、丁寧に記録されています。
映画『未来の食卓』

ユネスコの国際会議の様子や、小児がんと戦うある家族のようすも劇中折り込まれ、
食の大切さ、
共食のよろこび
食育と社会がどう関わっていくか などなど
様々な示唆を与えてくれます。

さて、あなたはこの映画をご覧になって、
どのような未来の食卓を心に描かれるでしょうか。

せいかのはぐくみ(食育)映画祭は
2014年2月23日(日曜)
けいはんな記念公園 ビジターセンターで開催します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中